刺繍で留学

パリの刺繍の学校へ留学したい!!という方のために、私の経験をもとにお話しします。

b0243577_6435736.jpg

こんな景色を見ながら刺繍ができたら素敵ですよね。

しかし、パリ市内にある刺繍の学校は、習い事とみなされることが多く、ビザの取得が困難な場合が多くあります。有名なレコール・ルサージュ(L’ecole Lesage)は作品ごとに時間・値段が決まっており、都合のよい日を予約して授業を進めていくシステムです。

長期学生ビザの場合、半年以上の授業登録(登録時パリに住んでいない場合、週20時間以上の授業)・学費を納めた証明書がビザの取得の際に必要になります。(内容が変更されている場合もありますので、詳しくは大使館のサイトをご覧ください。)この場合、週20時間以上の予約を入れ、複数の作品の学費を一気に納めることは難しくなるため、ビザの申請に至ることが困難になります。
学校で出会った外国人留学生は最長3ヶ月の旅行者としてビザを持たない人、ワーキングホリデーで1年滞在する人、もしくは語学学生として留学し、習い事として刺繍の授業を受ける人が多くいました。

フランスで唯一、外国人が学生登録できる学校(ビザが発行される学校)が、パリ郊外にあるレ・ボウ・ザー・デュ・フィル(Les Beaux arts du fil)という学校です。私も1年通いました。通学に時間がかかることと、学費が高いのが難点ですが、先生の刺繍の腕は確かです。

職業高校と呼ばれる、公立の高校でも専門的な分野で活躍するための高校もありますが、よほどの理由がない限り、学生ビザは下りないそうです。

フランスではトラブルが付き物です。私も今に至るまで相当な苦労をしてきましたし、これからも大変な思いをするでしょう。それでもフランスに滞在する外国人が多いのは、それだけの価値がある街なのでしょう。


Pour venir apprendre la broderie en France, j’ai moi même eu des difficultés administratives. Pour les étrangers comme moi, il y a souvent des problèmes pour obtenir un visa. Cela s’explique par le fait que beaucoup d’étrangers veulent venir étudier en France. En effet, Paris est une ville intéressante et qui attire beaucoup de monde.
[PR]
by parisbelette | 2012-01-21 06:53 | Visa・手続き など
<< afternoon tea カフェ >>